西宮市のK様からのご依頼です。

内容は、「外壁を直して欲しい。」という、住宅修繕のご依頼で伺いました。

K様からのご連絡は、
あの超巨大な台風21号が通過した10/23の朝でした。
「トタンの外壁が外れかかっていて、とにかく早く応急処置をしに来て欲しい」と、
切羽詰まったご様子。

弊社スタッフも台風21号で被害を受けられた顧客様の依頼で出払っており、
最速で昼頃に伺える様段取りを組み、
K様宅へ。

K様宅に到着すると、
トタンの外壁が残り釘一本でぶら下がっている状態で、
トタンの外壁はぐちゃぐちゃに変形していました。

台風21号の恐ろしい威力をまざまざと見せつけられる状態でした。

緊急で作業に掛かったので壮絶な現場写真を撮り忘れ(T-T)

早速、はしごで瓦屋根の上に登り、
作業開始です。

この写真はこれでも3割程度修復した状況(最初はもっと壮絶)

台風の風で、変形し外れかけた外壁

台風でぐちゃぐちゃになった外壁

外れかけのトタン外壁を修復途中の状況。

修復中の外壁

台風の影響で突然の突風に注意し、
瓦の上でトタンの変形を修復しながら、
隣のトタンとかみ合わせていきます。

しかし、トタン釘を打つものの裏の下地材が腐っていて効かない、仕方なく通常の3倍の量の釘を打ち固定していきます。
下地の腐っていない部分を探しながらの作業です。

屋根の上から下を見ると、K様の奥様がご近所さんを誘って修復作業の見学をされています。
ギャラリーに見つめられると緊張し手をハンマーで叩きそうになります。(笑)

ついでに外壁から外れ、宙ぶらりんになった電話引き込み線の保安器も固定しました。

外壁の修復作業が完了した状況。

作業完了

作業終了し、ご依頼者のK様夫妻に確認してもらい、
「いまにも外壁が落ちてきそうで、応急処置をお願いしたんだけど、思ってたより綺麗になったわ。これなら急いで、外壁の張替えを頼まなくても当分行けそうだわ。ご近所さんにもいい便利屋さんだから紹介するから名刺を頂戴。」
と言っていただけました。

K様ご夫妻は大変喜んでくださいましたが、下地がもう腐っていて釘がほとんど効いていないため、また強烈な台風が直撃すると、外れる可能性が高いことを説明させて頂きました。

K様、外壁修理のご依頼ありがとうございました。

西宮市・芦屋市・尼崎市を中心に、神戸市・大阪市・宝塚市・伊丹市・川西市で人気の代行業・便利屋さんを営んでおります、「おもてなしサービス社」のブログです。